西郷どん第24話のネタバレ&感想!「地の果てにて」

この記事では西郷どん第24話のネタバレあらすじ実際に見た方の感想を紹介しています。放送は見たけどあまり理解できなかった方・第24話を振り返りたい方・見逃してしまって要約だけを知りたい方・他の視聴者の方がどう感じたのかを知りたい方にご覧頂ければと思います。

西郷どん第24話のネタバレあらすじ

6月24日に放送された西郷どんの第24話のネタバレあらすじを書いています。まだ見ていない方はネタバレ注意です!

再び島流しの吉之助。愛加那と子供たちの束の間の日々

寺田屋の悲劇のあと、一蔵は、騒動を止められなかったことに責任を感じ、久光に自ら謹慎を申し出た。有馬さん達の思いを無駄にしないと、吉之助を島から呼び戻すと決意する。吉之助は、徳之島に、新八は、喜界島に流された。食べ物は与えられず、自給自足の生活を強いられた。吉之助は、愛加那たちがいる奄美大島が見えるか期待するが、この島からは見えなかった。その時、旦那様という懐かしい愛加那の声が聞こえる。

愛加那は、生まれたばかりの女の子・菊草と菊次郎をつれて吉之助に会いに徳之島まで来たのである。1ヶ月前、吉之助が徳之島に流されたと聞いた愛加那は、奄美大島の代官に許可を得て、吉之助に会いに行きたいと言うが、伯父・龍佐民は反対する。兄・富堅が責任を持って連れて行くからと説き伏せ、徳之島まで来たのであった。吉之助は、富堅に礼を言う。薩摩に帰るまでいっしょにいたいと言う愛加那に、吉之助も喜ぶ。

久光の力で、一橋慶喜返り咲く。吉之助はさらなる遠島へ。

久光は、京での勤王の志士の取り締まりが認められて、その武力を背景に、天子様から、将軍・徳川家茂に勅使を使わすことに成功する。公方様が、勅書を受け取ることは、幕臣体制になってから初めてのことだった。一橋慶喜が将軍後見職になり、松平慶永が政事総武職に任命された。

一橋慶喜と松平慶永を前に、久光は、これからの日本のために、お二方は必要で、亡き殿・斉彬も喜ぶと、強い国にしたいと言う。その言葉に笑う一橋慶喜。亡き斉彬公の猿真似か、単なる島津家の隠居のお前に、日本の何が分かると言うのだと。久光は、天子様に自分が進言して、皆さんが返り咲くことができたと忘れないで欲しいと脅す。一橋慶喜は、亡き斉彬公は先見の明があったが、お前は、芋ではないかとばかにする。対等に話し合いたいなら、牛男を連れてこいと、死んだのは嘘だろうと。一蔵は、牛男とは、西郷吉之助のことかと問うと。一橋慶喜は、腹を割って話したければ西郷をつれてこいと。久光の怒りは爆発する。

愛加那達が、島にきて 5 日目、穏やかな日々を暮らす吉之助の元に、薩摩の役人がくる。徳之島を改め、沖永良部島への遠島流しを申し付けると。船の支度ができるまで、代官屋敷に留まるようにと。愛加那は、なぜ、さらに遠くの沖永良部島なのかと嘆く。吉之助は、藩命に従うと、一蔵さんが返してくれる大丈夫と。愛加那に夢のような楽しい5日間だったと別れを告げる。涙を流す愛加那。

野ざらしの牢に入れられる吉之助。雪篷は、もう助ける友はいないと諭す

久光が命じたのは、薩摩から最も遠い島・沖永良部島で、さらに、野ざらしの牢獄に入れるという大変厳しい処罰であった。その牢獄に入れられた吉之助を、ひょうたんの酒を持ち酔っぱらった男・川口雪篷が何をこいつはやってこんなひどい処罰を受けると見つめていた。 島役人の土持政照は、吉之助を見て、まさか西郷先生にこんなところで出会えるとはと喜ぶ。土持は、薩摩で学び役人としてこの島に戻ってきたと言い、薩摩に、西郷先生という日本を変えようとした偉いお方がいると聞いたと。村人とともにご飯を持ってきて差し出す土持に、吉之助は、これは大事な食事だ、半分だけいただくので、残りは皆さんで分けてくれと。土持は、藩命により、野ざらし牢から出ることが許されない吉之助を見張る役目であった。

土持が薩摩から届いた文を吉之助に届ける。それを雪篷が、中身をあらためたかと奪って読む。俊斎からの文で、久光が京に平穏を取り戻したと評価があがり、一蔵の尽力によるところであった。一蔵は、寺田屋のことで謹慎していたが、変わり身が早く、久光の寵愛を受けて一番出世している。大山からの文もあり、有馬さんの死もままならぬのに、一蔵は、何食わぬ顔で働いており、何を考えているか分からない。吉之助がいないと薩摩はバラバラになると。雪篷は、吉之助に、一蔵という友を信じているようだが、そんな地位にいる一蔵がなぜ助けないと。人は裏切るものだ、心など見えないと。吉之助は友を信じていると反論。雪篷は、本当は、 1 日 1 食の麦飯と塩のみで、土持は、すぐに切腹の沙汰がでそうな吉之助に同情して食事を持ってきているだけだと暴露する。最初から、藩は、吉之助を殺そうとしていると、お前の言う友はいないと。それでも、吉之助は一蔵を信じると言い、藩命に従い、 1 日 1 食の麦飯と塩のみで良いと、土持が死んでしまうと言ってもきかない。

友を信じ過酷な牢で耐える吉之助

雪篷との一件以来、吉之助は、野ざらし牢の中で、ただ、座禅を組み動きません。土持は心配してご飯を届けるが、藩命に従うと 1 日 1 食の麦飯と塩のみを食する。奄美大島では、愛加那が、吉之助の苦難を察知したか、無事を祈る日々が続く。吉之助は、友である一蔵を信じ、来る日も来る日も薩摩からの連絡を待ち続けていた。

吉之助は野ざらし牢の中で、風雨にもさらされ、わずかな食事であったこともあり、意識がもうろうとしてくる。元々、死にかけた命と、一蔵が奄美大島に迎えにきた場面や、藩命に背き下関をかってに離れた時に一蔵が久光に助けて欲しい願う場面や、再びの島流しが決まり京で一蔵と別れる時に必ず呼び戻すと言ってくれた一蔵との場面を思い出す。吉之助は、愛加那や子供らを思い出し、愛加那、菊次郎、菊草と息絶え絶えになりながら、守らなくてはならないものがいると。生きろ、生きろと意識がもうろうとする中叫ぶ。

沖永良部島の熱い日差しの中、寝て倒れる吉之助。雪篷は、牢を壊し、そこまで友を信じるのかと、水を与え、吉之助は意識を取り戻す。雪篷が去ったあと、土持が野ざらし牢の吉之助の様子を見に来る。なんとか意識を保つ吉之助を発見し、このままでは死んでしまうと、たとえ、薩摩に背いても西郷先生を助けるぞと、自分の屋敷に運ぶ。

西郷どん 第24話を見た人の感想まとめ

西郷どん第24話を見た方に感想を聞いてみましたので紹介させて頂きますね!

大久保がどのタイミングで西郷を呼び戻すのか楽しみ!

大久保利通がしたたかな活動が光っていました。慶喜公が西郷が居なければ、話さないと言ったのは、史実か?疑問に思いましたが、西郷が島津斉彬と水戸様のところへ通っていた事を思い出すと、初対面の国父を名乗る男を追い払うセリフとしては、言ったかも知れないとも思いました。

それにしても、根に持った国父が、西郷をさらに遠島に追いやるとは、大人気ないというか、島津は斉彬で終わったと言われている所以を垣間見たシーンでした。藩の事情が大島にどのように伝わったのか?かなり不思議でしたが、妻子と再開を果たせた西郷はラッキーといえばラッキーで「もってる男」だったのでしょうね。

大久保利通は、どのタイミングで誰を動かして西郷を呼び戻すのか、次回が楽しみです。だいぶ仲間から反感をかっているようなので、騙すなら味方からと言いますが、ひょっとして大久保は、頭は切れるが、人付き合いには不器用な性格だったのでしょうか。

左内と磯田屋会っていた頃を思い出した

何と言っても愛加那との再会。「旦那様〜」の言葉を探し駆け寄る吉之助のシーンが好きでした。愛加那の笑顔も最高にほんわかとさせてくれました。一橋慶喜と島津久光の殺伐とした会話を聞く後ろ側もキツかったろうなと思いつつ、「芋」扱いには思わず笑ってしまったところ。斉彬の時代からも拒んでいた身でのあの態度だったんでしょうが牛男を忘れていなかった「西郷を連れて参れ」はトドメでしたね。橋本左内と磯田屋で会っていた頃を思い出してしまいました。

沖永良部行きより大久保が言うように上手く使えばいいのに、と単純に考えてしまうとこですが、嫉妬のような煮えくり返るものが、分からなくもないような。海江田たちの散々な文でしたが奄美から呼び戻す時も着実にやって来た大久保だからきっとまた策があっての久光への側近姿なんだろうと思います。奄美での龍佐民同様、川口雪篷も味がありますね。もっと雪篷の出番があればな、と思ってます。

久光がコケにされた場面が面白かった

今回の放送で一番面白かったのは一橋慶喜が表舞台に復帰してから久光に会いますが、その際に久光に対して何も日本のことをわかっとらん、大和言葉を使え、芋、西郷に会わせないと話ができないなど久光をコケにした場面でした。

その久光がコケにされたせいか西郷がさらに沖永良部島まで遠島されてしまい、風さらしの屋外の牢獄に入れられてしまうのですが、案外島の監視人の土持という人が最初からやさしいなというのが第2の感想でした。第3は10年この島で罪人扱いとして暮らしてる川口という人が土持たちの食糧支援などを断って死にかけてる西郷を力づくで救いだすのですが、それがサマになっていてカッコいいなと思いました。

見逃した「西郷どん」の動画をお得に視聴する方法!

大河ドラマ「西郷どん」を見逃してしまい、DailymotionやPandoraで視聴しようとすると違法アップデートになるので、個人情報が抜き取られているんじゃないか?と不安になったり、なぜか突然請求画面に移行させられたりすることもあり、安心してみる事ができませんよね?

そこで西郷どんを安心でお得に視聴する方法として紹介したいのが動画配信サービスのU-NEXTです!

「なんだ、動画配信サービスか。お金かかるじゃん」と思ったあなたに朗報があります!

西郷どんの動画を見るには300円の追加料金が必要ですが、U-NEXTは31日間のお試し期間がある上に、登録時には600ポイントのプレゼントがあります。

この初回登録時のプレゼント分で西郷どんを2話分見る事ができてしまうんですね!しかも31日間のお試し期間中に解約しちゃえば実質・・・

U-NEXTでは

  • 半分、青い
  • ガリレオ
  • ビーチボーイズ
  • おっさんずラブ
  • 過保護のカホコ
  • あ~、荒野

など過去から現在までの人気ドラマや映画を見放題なんです!

しかも自宅以外でもスマホでも視聴可能で、通勤時間の長い方もこれで楽しい通勤に変わるかも?

一度登録して31日の最終日に解約してしまうのも全然アリなので、試してみるのもいいかもしれません。

 

 

本ページの情報は2018年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です