西郷どん第16話のネタバレ&感想!斉彬の遺志を継ぐ西郷の迷い

この記事では西郷どん第16話のネタバレあらすじ実際に見た方の感想を紹介しています。放送は見たけどあまり理解できなかった方・第16話を振り返りたい方・見逃してしまって要約だけを知りたい方・他の視聴者の方がどう感じたのかを知りたい方にご覧頂ければと思います。

 

西郷どん第16話のネタバレあらすじ

4月29日に放送された西郷どんの第16話のネタバレあらすじを書いています。まだ見ていない方はネタバレ注意です!

斉彬の代わりに水戸のご隠居を動かそうと画策する吉之助

京で、斉彬が率いる軍隊を迎える準備をする吉之助。準備が整い、俊斎も入れて祝杯をあげている最中に、薩摩から、斉彬死去の訃報が届く。吉之助は、信じられず「うそじゃ、うそじゃ」と繰り返し言い、外の雨に打たれ、斉彬の今からわしになれという言葉が鳴り響く。

翌朝、近衛から、斉彬は軍隊を整えるのに、休みを取らず頑張っていて、突然高熱がでて亡くなったことを聞かされる。佐内は、毒が盛られたと疑い、俊斎は、犯人を捜して弔い合戦だと意気込む。吉之助は、そんなことどうでも良い、まだ、ご公儀に負けたわけではない、水戸に兵を出してもらうとまるで斉彬のよう。

斉彬亡き今、ご公儀に不満を持つものを束ねるには、水戸の斉昭公しかいないと。朝廷に水戸に兵を挙げるように促す詔を、朝廷に働きかけて欲しいと、近衛と月照に頼む。詔が下り、吉之助は、急ぎ、江戸に向かい、佐内は諸藩の同士に声を掛ける。

江戸城では、慶喜が登城し、井伊大老に、天守様のお許しもなく、メリケンとの通商条約を結ぶとはと怒る。「こうしてわしが目を光らせていることを忘れるな」。井伊大老は、バカにしたように恐れ奉りますと頭を繰り返し下げるだけであった。

水戸のご隠居も慶喜も蟄居。最後の望みを絶たれる吉之助

吉之助が水戸に天守様からの詔が下ったことを伝わる前に、水戸の斉昭と越前の松平は、井伊大老に物申すべくお城に乗り込んだ。井伊は、二人を昼のお弁当も出さず待たせるだけ待たせ、夕方ようやく面会した。お腹が減り疲れ切った水戸の斉昭と越前の松平は、メリケンとの通商条約を結んだことに文句を言おうとするが力が入りません。井伊大老は、バカにしたように恐れ奉りますと頭を繰り返し下げるだけである。

江戸にようやく到着した吉之助は、斉昭に会うべく水戸藩邸に向かうが門前払いに遭う。品川宿の旅籠・磯田屋でヒー様を探して、願いがあると申し出る。ヒー様は、思い詰めた顔をして何の用だと。吉之助が、門前払いされたことを相談するが、おれが行っても無理だと断ります。水戸の斉昭が井伊大老に文句を言いに行ったら蟄居させられ、例え、天守様の詔が出たとしても兵をだすことはできない。そして、慶喜もまた、近々、蟄居のご沙汰が出ると言います。

諦められない吉之助は、慶喜様に立って戦って欲しいと頼むが、斉彬はもういない、口惜しいが、あの男は大きかったと嘆く。吉之助にもう会うことはないだろうと別れを告げる。この後、慶喜は、井伊大老によって、3年間邸内で蟄居謹慎となるのでした。

井伊大老が迫る。月照と京を逃げる吉之助

井伊大老は、ご公儀に対して兵をあげるようにとの詔の情報を掴み、天守様をたぶらかした者を取り締まるように命令を下した。いわゆる、安政の大獄の始まりであった。

京に戻った吉之助の報告により、近衛は、大老に先手を打たれた、我々の最後の望みを絶たれてしまったと嘆く。その夜、吉之助の宿を月照が訪ねる。月照は、「斉彬公が亡くなっても泣きませんでしたね、もしかして、薩摩に帰って死ぬつもりでは」と尋ねる。見透かされた吉之助は、殿のいない世にいても意味がないと。月照は、腹を切っても血とハラワタでるだけ、それだけのこと。「斉彬公のご意志はだれが継ぐのか、生きて、斉彬公になりなさい」と吉之助を諭す。

井伊大老の手は、月照に迫っていた。月照は、近衛に迷惑をかけないためにも、みずから、ご公儀に出向くと言う。吉之助は、行かせないと阻み、「その身を、おれに預け、薩摩に言って欲しい」と懇願。佐内も、今一度、薩摩の兵が立つときは、月照の力が必要になると。命がけで守るという吉之助に月照も了承する。

吉之助は死のうとするが、斉彬の意志を継ぐことを決意

佐内の手配により、京から大阪まで船で行くことになる。吉之助は、佐内から薬をもらい、お世話になったと礼を言う。佐内は、藩のためにやっているのではなく、病んだ日の本の国を直したかった、仕組みを変えたかった、まだ、なに一つ諦めていない。また江戸で落ち合うことを約束する吉之助。しかし、佐内は、ご公儀の手につかまってしまうのです。

ご公儀の手は、薩摩に逃げる月照と吉之助に向けられた。逃げる途中で、俊斎が先回りして宿場の様子を探りに行くと、月照と吉之助の人相書きが出回っており、宿場も捕り方が探っていることが分かった。そこで、その夜は、荒れて無人のお寺を探し一晩を過ごすことにする。 なかなか眠れない吉之助。月照の薩摩の守になりなさいという言葉や、慶喜の薩摩の守はもういないのだという言葉が頭の中をめぐる。「なぜ、おれをおいて殿は云ってしまったのか。殿の元にまいりたい」と一人思う。

斉彬が下さった脇差を出して、まさに死のうと決意した吉之助の前に、斉彬の声が聞こえてくる。「何をしている。お前はいったい何を学んできたんだ。答えよ西郷」と。吉之助は、斉彬がよみがえったと泣きだして、斉彬の姿が見える先に近づくが、消えてしまう。吉之助は、「分かりました殿。おれは生きて殿の思いを果たそうと思います。ありがとうございました」と宣言。その様子を月照が温かく見守っていた。

 

西郷どん 第16話を見た人の感想まとめ

西郷どん第16話を見た方に感想を聞いてみましたので紹介させて頂きますね!

西郷どんと月照の巻き返しに期待!

斉彬がなくなってしまい、水戸藩の協力も思うように得られることがなく、西郷どんたちの思いは残念ながら空回りしてしまい、西郷どんや、近衛、月照と俊斎は、涙を流すことになってしまいました。

西郷どんは、自害まで考えておりましたが、月照の励ましもあり、日本国の為に頑張ろうと再び西郷どんが立ち上がり、月照とともに薩摩まで無事に戻り日本国の為に踏ん張って頑張ってくれるといいなと今後の西郷どんと月照の巻き返しの活躍と展開を期待しています。

いよいよ幕末に近づいており今後が楽しみ!

斉彬様の死を知り、悲しみ落胆する吉之助の姿が痛々しかったです。家定様が亡くなり、斉彬様も亡くなられて、人が亡くなるのが続くと切なくなりました。でも、吉之助には仲間や月照様がいるので、この先も頑張ってほしいです。斉彬様が出てこないのは寂しいので、時々でいいので幻としてでも吉之助の前に出てきてほしいです。

そして、井伊直弼に負けないように吉之助に声をかけてあげてほしいです。いよいよ、安政の大獄の頃まで話が進んできたので、この先が楽しみです。

サスペンスのようなハラハラ感があった

今回の放送は、色調の暗さと展開のスピードが印象に残りました。徳川家定、島津斉彬の急死という不幸な出来事とこれから始まる安政の大獄を暗示しているように感じ、初めの頃のおおらかさとは違う魅力が感じられます。

佐野史郎さんが演じる大老井伊直弼の静かな不気味さとまだ若い一橋慶喜、男女の域を越えた月照の美しさと西郷の一途さという対比も、ドラマに厚みを加えていると思います。薩摩への命懸けの逃避行にはサスペンスのようなハラハラドキドキもあり、次回の放映が楽しみです。

いよいよ明治維新へ動き出す予感を感じた

島津斉彬の死去で動揺する西郷だが、彼の目的である井伊直弼の失脚に向けての工作活動を、まるで斉彬が乗り移ったかのように奔走する西郷に悲哀を感じます。月照との関りも増えていき、前半の山場である入水自殺未遂から島流しへの流れが見えてきました。

また彼を取り巻く情勢も風雲急を告げ始める気配が出始め、いよいよ時代は幕末から明治維新へ動き出すという予感を感じさせました。水戸の浪士や新選組が出てくるのが楽しみな展開です。

見逃した「西郷どん」の動画をお得に視聴する方法!

大河ドラマ「西郷どん」を見逃してしまい、DailymotionやPandoraで視聴しようとすると違法アップデートになるので、個人情報が抜き取られているんじゃないか?と不安になったり、なぜか突然請求画面に移行させられたりすることもあり、安心してみる事ができませんよね?

そこで西郷どんを安心でお得に視聴する方法として紹介したいのが動画配信サービスのU-NEXTです!

「なんだ、動画配信サービスか。お金かかるじゃん」と思ったあなたに朗報があります!

シグナルを見るには300円の追加料金が必要ですが、U-NEXTは31日間のお試し期間がある上に、登録時には600ポイントのプレゼントがあります。

この初回登録時のプレゼント分で西郷どんを2話分見る事ができてしまうんですね!しかも31日間のお試し期間中に解約しちゃえば実質・・・

U-NEXTでは

  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • 西郷どん
  • 花のち晴れ
  • GTO
  • BOSS
  • ハケンの品格

など過去から現在までの人気ドラマや映画を見放題なんです!

しかも自宅以外でもスマホでも視聴可能で、通勤時間の長い方もこれで楽しい通勤に変わるかも?

一度登録して31日の最終日に解約してしまうのも全然アリなので、試してみるのもいいかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です