モンテクリスト伯のロケ地は大谷?

この記事は『モンテクリスト伯のロケ地は大谷?』について書いています。

ディーン・フジオカさん主演のドラマ「モンテクリスト伯」残酷な1話の内容が話題になっていましたね!そんな1話でディーン・フジオカさん演じる柴門暖が拷問を受けるシーンのロケ地がどこなのか気になっている方が多いようなので調べてみました!

モンテクリスト伯のロケ地は大谷?

既に話題に挙がっているくらいなので、見ている方はよくご存じなんですね!モンテクリスト伯で柴門暖が拷問を受けているシーンのロケ地は栃木県宇都宮市大谷町にある大谷資料館です!

日本とは思えない地下神殿の様な場所ですよね?

というのも、この大谷資料館はその昔、大谷石という石の採掘場として使われていた場所を資料館として保存している韓国地になります。大谷石は加工がしやすく以前は手彫り、その後機械彫りによって、家や石蔵などの建築資材として使われました。

宇都宮市内ではこの大谷石を使った石蔵が多数あり、日本料理の石の蔵というお店はその石蔵をそのまま店舗として利用した風情溢れるお店もあります。

↑このように石の採掘場というだけではなく、地下からの独特な風景や背景を求めて、大谷資料館はロケ地としてよく使われているんです!

大谷資料館をロケ地としたドラマ・映画は?

この大谷資料館をロケ地としたドラマや映画は多数ありますが、有名な所では三代目J Soul Brothers「S.A.K.U.R.A」のMV撮影がこの大谷資料館でされています。

また、映画「るろうに剣心」でも志々雄真実との決戦の地として撮影地として使われています。

その他にも勇者ヨシヒコや少し前になりますが、ライアーゲーム、映画・リアル鬼ごっこ、松本潤さん主演の金田一少年の事件簿などでも使われています。

今までに100本以上の撮影が行われている人気ロケ地であり、人気観光地でもあります。 

大谷資料館へのアクセス方法

 

大谷資料館へは車で行くべきですね!

東北自動車道の宇都宮ICから車で約20分ほどで行けるので東京都内や関東近郊からでも日帰りで行けるのではないでしょうか?

駐車場も無料で完備しており、休日でも満車になる事は少ないので車で行く事をオススメします!

車で行くのが面倒という方は、大谷資料館への観光を組み込んだ栃木県への観光ツアーがあるので、そちらを利用されてはいかがでしょうか?

まとめ

モンテクリスト伯でディーン・フジオカさん演じる柴門暖が拷問を受けていたラデル共和国の刑務所は栃木県宇都宮市にある大谷資料館でした!

この大谷資料館は地下神殿のような神秘的なスポットで観光、ロケ地として大人気です。

大谷資料館へのアクセスはJR宇都宮駅からバスで行く事もできますが、本数が少ない上、時間もかかるので車で行くことをオススメします。また車が無い方は東京からのバスツアーで大谷資料館を回るツアーもありますので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?

ドラマ「モンテクリスト伯」を無料視聴する方法!

モンテクリスト伯を見逃してしまったアナタ!

モンテクリスト伯は1話ごとに柴門暖の心情の変化が散りばめられており、振り返ってみてみると伏線がたくさんある事に気付く事ができます。

「再放送も見逃した」「録画し忘れた・・・」「もう一回見たい」「今すぐ見たい!」と思った方には朗報です!モンテクリスト伯はフジテレビオンデマンド(FOD)で見逃し配信されています!お得な31日間無料トライアル期間中ですので今がチャンスです!

  • コード・ブルー
  • リッチマン・プアウーマン
  • 医龍
  • テラスハウス
  • 人志松本のすべらない話
  • ONE PEACE
  • 幽遊白書

などフジテレビ系のドラマ・バラエティ・アニメが見放題という事で人気の動画配信サービスです!

登録が2~3分で済んでしまう簡便さと過去の話題作が見れる事もあって、利用者数が急激に伸びている動画配信サービスの一つで、現在80万人以上の方が利用されています!

31日間無料トライアルが終了間近なので、早めに登録する事をオススメしておきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です