西郷どん第5話のネタバレ&感想!糸は決意し、西郷どんは斉彬を投げ飛ばし牢へ

この記事では西郷どん第5話のネタバレあらすじ実際に見た方の感想を紹介しています。放送は見たけどあまり理解できなかった方・第5話を振り返りたい方・見逃してしまって要約だけを知りたい方・他の視聴者の方がどう感じたのかを知りたい方にご覧頂ければと思います。

【西郷どん】第5話のネタバレあらすじ

ここでは西郷どん第5話のあらすじを振り返ります。まだ見ていない方はネタバレ注意です!

斉彬への直訴を決める吉之助

斉彬が藩主になり、人々は、これから生まれ変わる薩摩に期待を膨らませていた。そのお祝いに、御前相撲が開かれることになり、有馬や新八や大山ら郷中の仲間が西郷家に集まって、相撲の稽古を開始。しかし、俊斎は、斉興の重鎮達には何もお咎めがなく、そのまま登用されることになること、”お由羅騒動”で処罰を受けた武士たちの復帰の許可もないと、斉彬のやり方に不満を述べる。

斉彬は、しばらくは、先君のやり方を変えないと家臣たちに伝えていた。内心は、無駄な軋轢産まないようにとの配慮であったが、それを聞いた吉之助は、驚くばかりである。吉之助にとって、師と仰ぐ赤山靱負の死、いわれのない理由で、親友の正助が謹慎の身が続いている状況は許しがたい状況であり、斉彬が藩主になれば、それが解消すると期待していたのに裏切られた気持ちであった。吉之助は、御前相撲で勝って、斉彬に直訴する心を固める。それは、切腹も覚悟した決意であった。

糸、縁談を受けるか悩む

糸の父親から、寺社奉行添役の海老原家の長男・重勝との縁談の話がきた糸。幼いころから男勝りで、まだ、勉強したいと赤山のところにいて、結婚したいと思っておらず悩む。吉之助のことも少し気になっており、それも決断を鈍らせていた。糸は、下駄をけって表裏で占ってみようと、橋の上でやってみる。下駄は、予想外に飛んで、橋の下に落ち、橋の下から、「痛い」という叫び声が聞こえてきた。橋の下を見ると、頭を押さえた吉之助がいるのを発見する糸。恥ずかしくなって、なぜ下駄をけったと聞く吉之助に、答えることができません。下駄は流れてしまい、吉之助がおぶって糸を西郷家につれてゆく。おぶられて行く道中で、糸は、なんと大きな背中と幸せな気分になる。

西郷家では、相撲の稽古が盛んに行われており、新八が、郷中の代表で御前相撲に出ると張り切っている。新八と吉之助が相撲を取って代表を決めることに。見合った両者がぶつかろうとする瞬間、新八がひらりとかわして、吉之助に土がついてしまった。見物していた大山が卑怯と新八に言うが、勝負は勝負と吉之助は、代表の座をあきらめる。

相撲を見ていた糸に、吉之助の祖母・きみが、海老原家との良い縁談があると聞いたと尋ねる。糸は、恥ずかしくなって、隣の正助の家に飛び込んで行く。その様子を見た吉之助は、正助に、糸を奪ってしまえと言います。正助もまんざらではなく、糸が惚れてくれていると勘違い。大山らは、御前相撲にでてくる海老原を、正助の代わりに倒して、恥をかかせてやると意気込む。糸は、吉之助の作った草履をもらい嬉しい気分で家に帰って行った。

吉之助が気になる糸。正助の恋終わる

いよいよ御前相撲の日、高田馬場郷中の代表の海老原も含め、郷中の代表が土俵の周りで集まっていた。しかし、新八の顔が見えない。吉之助が心配していると、どうやら、張り切りすぎて、たくさん食べたら腹を壊してしまったのである。

見物席には、島津御四家の四人の姫様が現れ、場を盛り上げる。その姫の中には、後に吉之助と深くかかわる今和泉家の於一の姿も見せていた。そして、斉彬が登場し、試合が盛大に始まる。ほどなくして、新八の番になり、名を呼ばれるが、腹が治らず答えません。しかたがなく、吉之助が、代わりに土俵に上がると訴えると、斉彬の側近・山田は、届け出のないものは、試合に出られないと言う。その時、西郷吉之助の名前を聞いた斉彬は、赤山靱負が亡くなった時に何通も書状を送ってきた男であることを思い出し、どんな男か見たいと思った。斉彬は、土俵に上がることを許し、吉之助は、相撲がとれることになる。

一方、西郷家を訪れる糸。吉之助に草履のお礼を持ってきたのであった。正助が現れ、「ほかに好きな男がいるのなら、縁談を断った方が良いと。好きな男といっしょになるべき」と伝える。糸は、吉之助の編んだ草履を愛しそうに見ながら、橋の上で、結婚するか迷って、下駄をとばし占い、その下駄が、吉之助にあたったと嬉しそうに話します。正助は、糸が好きなのは、自分ではなく、吉之助であることに気づきます。

御前相撲で勝つ吉之助

御前相撲は進み、新八の代わりに出た吉之助も勝ち続けています。於一ら姫君も、勝負に、お菓子をかけて楽しんでいる。吉之助にかけた於一の前には、たくさんのお菓子が並んでいる。ついに決勝戦となり、勝ち上がったのは、吉之助と海老原である。前の試合で海老原は怪我をした様子で、大山は、怪我した側を攻めるようにと吉之助に助言。吉之助は、卑怯な手は使いたくないと言うが、大山は、「正助のためにも、勝って殿に直訴しろ」と励ます。

ついに、決勝戦が始まる。海老原は、手加減するなと男らしく言いますが、吉之助はまだ悩んでいます。その様子に気づいた於一は、「わざと負けるのでは」と発します。斉彬もまた、そたたもそう思うのかと言い、勝負の行方を見つめます。吉之助と海老原は組み合い、吉之助が押し相撲でじりじりと海老原を追い詰め、海老原の弱点を突かずに、釣り上げて勝ってしまいます。よい相撲だったと吉之助を称える海老原。

突然、斉彬が近づき、「もう一番、わしと勝負しろ」と言います。吉之助は驚き、本気を出すか迷っています。周りも、吉之助が勝ったら首が飛ぶと心配。しかし、於一から、「行け、西郷、私は、そなたに全部かけた」と大声で叫びます。それに、奮起した吉之助は、斉彬を投げ飛ばしてしまうのです。西郷家に帰った、吉兵衛と吉二郎は、吉之助が、殿さまとの相撲に勝って、牢屋に入れられてしまったと悲痛な顔で家族に伝えます。糸は思わず牢屋に向かい駆け出す。吉之助が入れられた牢屋には、謎の男が捕まっていた。

【西郷どん】第5話を見た人の感想まとめ

西郷どん第5話を見た方に感想を聞いてみましたので紹介させて頂きますね!

牢で出会った人物が今後重要な役割になりそう!

いよいよお国入りをした島津斉彬は、以前の薩摩藩の政策を引き継ぐと言いだす、このことは、以前追放された改革派の人々の御赦免が行わないということである。しかし、相撲大会を行い、友達の代わりに出場した西郷が見事に優勝するが、その後に斉彬と相撲を取り勝ってしまう。そして、牢に入れられてしまう・この後どうなるのでしょう?篤姫様が重要な役割を果たしてくれそうです。

今後西郷と斉彬とのつながりが始まることになりそうです。牢屋で会った人物は一体何者なのでしょうか?これからの物語に重要な役割をすることになる人物なのではないでしょうか。次回が気になります。

糸の告白シーンが切なく哀しい思いになった

糸に縁談が来て、自分の下駄を蹴り上げて表が出たら嫁に行くとガンをかけてたが、しかし川で鰻取りをしてた吉之助の頭に直撃してしまいます。思わず笑ってしまいました。自分の草履を貸してあげたが大きくって転んでしまったがおんぶして行く所が、懐が大きいなと感心してしまいました。また、糸の姿を見て喜ぶ正助の表情は本当に大好きだっと思える可愛らしさにこっちまで嬉しく思いましたが、糸の好きな人が吉之助だと気が付いた時の悲しそうな切ない感じがして可哀そうになりました。

そして、相撲大会では、吉之助が出るはずではなかったのですが急遽出ることになり優勝してしまいました。
見ていてこっちまで気合が入りましたが、まさか斉彬と勝負することになり、斉彬を投げ飛ばしてしまい牢屋に入れられることになりました。なんで、牢屋に入らないと駄目なの、斉彬が申し出たのにそんなのありと思いました。この時代は、上の人には負けた方がいいという考えがあったのでしょうか。

糸の吉之助との絡みが可愛らしかった

糸ちゃんが片方の下駄を飛ばして表が出たらという占いをやっていたのがいじらしいなと思いました。どういうわけか吉之助の頭に当たり下駄が川に流れちゃった後、吉之助の大きな履物を履かせてもらったりおんぶしてもらったり大きいと笑ったシーンが可愛らしかったです。

それなのに糸ちゃんがしょっちゅう家に来るのは正助のことが気になってるからだと言われた時の正助の喜びよう、あんなに嬉しそうな顔を見たら残酷だなぁとしか言えませんでした。引退した斉興がやることがないと将棋倒ししていたのが先週のピリピリ対決とあまりに違って笑っちゃいました。

糸ほどの元気な女性でないと歴史上の人物の奥さんにはなれないと思った笑

糸の縁談話が持ち上がり、「正助→糸→吉之助」という三角関係が明らかになりました。幼なじみで小さい頃から知っているだけに、今後のこの3人の展開が楽しみです。糸が縁談を受けるかどうかで、下駄を占いにしたのが面白かったです。やはり、おてんば娘はいくつになっても変わらないものだと思いました。あのくらい元気な女性でないと、歴史上の人物の奥さんにはなれないのだろうと思ってしまいました。

斉彬氏のたくらみがあるのかどうかわかりませんが、城内の今後の様子も気になります。大河ドラマ「篤姫」と印象が被る感じがしますが、今度はどのように演じられていくのかを比べてみるのも楽しみです。

斉彬と西郷どんの相撲がとても面白く痛快だった

4話が辛い話だったので、5話はとてもわくわくして見られました。糸のぞうりが吉之助に当たってしまうシーンは笑えたし、相撲のシーンはとても興奮しました。本来出場するはずだった人の代わりに吉之助が出場することになったのですがどんどん勝ち上がっていき、私も吉之助に注目している於一と同じような気持ちで応援していました。

最後は斉彬と相撲をとることになり、いったいどうなることかとヒヤヒヤしましたが、吉之助のことだから負けるのかなと予想していました。でも結局吉之助が勝ってしまったようで、牢屋に閉じ込められ、謎の男も現れて、いいところで5話が終わりました。続きが気になりすぎます。史実はどうなのかわかりませんが、見ていてとても面白いし痛快です。

【西郷どん】を見逃してしまったアナタに朗報!

西郷どんを見逃してしまい、再放送も終わってしまってどうしようと困っているアナタに朗報です!
「録画し忘れた・・・」「もう一回見返したいなあ」「第1話から見直したい」と思ったあなたにとっておきの情報があります!西郷どんは動画配信サービスで見逃し配信されています!

「見逃し配信が見たい」「〇話の動画が見たい」という方は動画配信サービスで視聴してしまいましょう!お得な31日間無料トライアル期間中ですので今がチャンスです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です