アンナチュラルで井浦新がかっこいいと話題!

この記事は『アンナチュラルで井浦新がかっこいいと話題!』について書いています。視聴率が好調で、石原さとみさん演じる三澄ミコトの過去が見えてきた事で話題になっているドラマ「アンナチュラル」放送回ごとに主要キャストの誰かの過去が少しずつ明らかになってきており、今後がさらに楽しみになってきている所ですね!そんなアンナチュラルで井浦新がかっこいいと話題になっているようなので、そのカッコよさについてまとめてみました!


 

アンナチュラルの井浦新がかっこいいと話題!

井浦新さんがかっこいいと話題になったのは3話での法廷でのシーンです!ミコトに代わって被告人の弁護側の証人として出廷し、百戦錬磨の検事を叩きのめしました!


本当にカッコ良かったですよね!この時の発言が名言とかなり話題になっていたようです。ツイートでまとめてくれた方を発見しました!


中堂系はいつも誤解されがちの一方的なキャラですが、実は心優しい、周囲を心配しているような一面を感じさせてくれますね!それにしてもミコトはいつも色んな顔を見せてくれますね!喜怒哀楽が激しいと言いますか・・・。それが事件の解決に繋がっているので、結果的には気持ちのいい結末を見れてスッキリします。市川実日子さん演じる東海林夕子が「ミコトに解決して欲しかった」と言っていたのは視聴者目線での発言のように聞こえましたね!


中堂の寡黙で敵を作りやすい性格のキャラって結構多いと感じますが、やっぱり一番人気があるんですよね~

今回の名言で中堂、いえ井浦新さんのファンはかなり増えたのではないでしょうか?

「クソ」を連呼する人の特徴とは?

今回の3話ではかなり中堂自身も追い込まれる事態となりました。臨床検査技師の坂本誠にお金を目的にパワハラで訴えられてしまったのでした。最終的にはミコトが説得する事になりましたが、訴えというのは「クソ」を108回言ったということでした。爆笑してしまった方も多かったのではないでしょうか?

井浦新さん演じる中堂系は1話の放送から「クソ」発言を繰り返していました。そんな「クソ」を連呼している人はどのような人なのか心理学的に分析しているサイトがありましたので引用しておきますね~

「ちくしょう」「くそっ」という口癖の人については、短気なところがあり、感情の制御ができずに怒りを何かにぶつける傾向を持っている人です。
引用元:https://newstyle.link/category58/entry3485.html

という分析が出ているようです。中堂系は自分で「クソッ」は「自分に対して言っている」事を語っていました。つまり自分自身に許せない過去があり、その過去を償うために成し遂げたい、もしくは探しているものが見つからずに途方に暮れて苛立っているという事なのではないかと感じました。

アンナチュラル 3話を見た人の感想

アンナチュラルの3話を見た人に感想を聞いてみました!

井浦新がカッコ良すぎる!

今回は法廷での戦いでしたが、女を馬鹿にするやり方で烏田がミコトをおいつめて感情的にさせておいつめていくのがみてて腹立ちました。現実世界も女を下に見る男たちばかりなのですごくミコト負けないでってなりました。証拠の分析ができて、かわりに証言者として法廷にあらわれたとき、井浦新がものすごくかっこよすぎました。

烏田に何を言われても説明をさらっとばさっといってとどめを刺してくれるあたりさすがだなと思いました。中堂の過去に何があったのか、今も何を抱えて過ごしているのかますます気になりますが、口はとっても悪いけどとても頼りになる人だと思いました。私は中堂より、ジャーナルに送りこまれた久部くんのが問題なはずだし、いつ存在がミコトや周りにばれるのか気になります。

今までに無い中堂の人柄が垣間見られました

第2話までのストーリーでは、三澄の謎に包まれた過去についてフォーカスされてきましたが、今回では中堂の知られざる過去にフォーカスされてきて、より面白さが増してきました!また、無愛想で台詞の少ない中堂が法廷に出るシーンでは、カッコ良く検事に論破していて中堂ファンとしてはクールなその姿に胸が躍る回となりました。また、法廷までに三澄と協力する場面でも、いままでに無い中堂の人柄が垣間見られました。

ストーリー中の法医学の専門用語などで堅い印象付けがある分、ずんの飯尾さん演じる坂本 や松重豊さん演じる所長のコミカルで心暖まる演技が、全体を弛めていて良い雰囲気だと感じています。1話完結なので、1度見逃しても、また再度見られて楽しんでいます。

これからどうなるのか気になって仕方ない!

ずっと見入ってしまう程、おもしろかったです。刃物の刺さった傷だけで、左利き用の放置か右利き用の包丁か分かるだなんて、あんな微妙な傷の形で判別できるなんて、現代の技術の進歩はすごいなぁと感心もしました。そして、これから、どうなるんだろうと気になって仕方ないドラマです。

中堂が検事に言われた言葉で「まさか、こんな所で会うとは。しかも法廷で、しかも弁護人側の証人に立つだなんて、法医学者は殺人のプロだからな」と何か殺人を犯したのだろうと思われる台詞。久部は、マスコミと繋がってて、情報を売ってるのか?それには、どんな理由があるのか?今後も楽しみで仕方がないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です