アンナチュラル 石原さとみの過去とは?

この記事は『アンナチュラル 石原さとみの過去とは?』について書いています。好スタートを切った話題のドラマ「アンナチュラル」物語が進むにつれて石原さとみさん演じる三澄ミコトの過去について徐々に明らかになってきていますね!これもアンナチュラルなの?というのは考えすぎなのかもしれませんが、このミコトの過去についてまとめてみました!

石原さとみ(三澄ミコト)の過去の事件とは?

ミコトの過去の事件とは、「浦和市一家四人無理心中事件」です。窪田正孝さん演じる久部六郎が週刊ジャーナルの編集者から得た情報と合わせてネットで調べると、

浦和市の住宅で雨宮総合病院の院長夫婦と長男が死亡した事件で、重体だった長女(9)が意識を取り戻した。事件は雨宮英二さん(47)が出勤しない事を不審に思った病院関係者が近くに住む前院長の実父に連絡したことで発覚した。部屋に入ると七輪や鍋で練炭を焚いた形跡があり、英二さんと妻の祥子さん(38)、高貴くん(12)が倒れており、すでに死亡。長女のみ一命を取りとめた。死因は練炭による一酸化中毒。3人の遺体から睡眠薬が検出されたこともあり、一家が無理心中を謀ったとみられるが、以前から夫の浮気を巡って夫婦が争っていたという証言もあり、慎重に捜査を進めている。

このような記事を発見しました。この意識を取り戻した長女がミコトである事を知り、久部はミコトへの関心を強める事になりました。

ちなみに現在、三澄ミコトと名乗っていますが、事件までは雨宮ミコトとして生活していました。事件後、父親の実妹である三澄家へ引き取られたため、苗字を変えて生活する事になりました。ですので、三澄家の方々は全員義家族という事になります。この事件には裏が隠されていそうですが、もし何かあるとすれば「父親は心中するつもりはなかった可能性がある」という事ではないでしょうか?

石原さとみ(三澄ミコト)の過去の事件の真実は?

ミコトは2話で犯人に追い込まれた際に、隣にいた久部に24年前の事件の時に「練炭を焚くのを手伝った後に母親に睡眠薬を飲んで寝るように言われた」と語っています。つまり、兄と実父がどうやって睡眠薬を飲まされたのか、そして本当に練炭で死んだのか?などが語られていません。2話では一酸化炭素中毒と凍死で症状が似通る事が指摘されていました。雨宮家の一家心中事件には、もしかしたら凍死した遺体が含まれていた可能性もあるのではないでしょうか?真実は最後まで明らかになる事はないのでしょうが、あくまで真実の可能性として挙げておきます。

アンナチュラル2話を見た人の感想

アンナチュラルの2話を見た人に感想を聞いちゃいました!今回も最後にどんでん返しと視聴者の期待に応えているように映りますが果たして・・・?

六郎がミコトをかばうのがカッコ良くてキュンキュンした

被害者の女性2人がかわいそうで、泣きそうでした。最低最悪な事件でしたが、花だけでも助けることができて良かったです。ダイイングメッセージを書いた紙を飲み込むというミケの行動、その頭の良さと花を助けたいという必死の想いに感動しました。ミコトと六郎が冷凍庫に閉じ込められたシーンも良かったです。

どんな時でも医学的・科学的に分析しようとするミコトや中堂の知識と推理力に、感心しっぱなしでした。六郎がミコトをかばうのがカッコ良くてキュンキュンしたのも束の間、実はマスコミのスパイかもしれないという展開。でも六郎はミコトが気になっているようで、波乱の予感ですね。さらに面白くなっていきそうです。

次回が待ち遠しい!

1話同様、面白くて1時間があっという間に感じました。解剖しなければわからなかった殺人が暴かれ、それを調べに行って事件に巻き込まれるところなど、とてもスリリングで手に汗を握りました。ドラマながら、2人が助かって本当に良かった。

また、気になっていた主人公の過去(一家心中の生き残り)が本人の口から語られ、その事実に愕然としました。助手の窪田君や葬儀社の木林南雲の背景がまだわからないので、今後それがはっきりしてくるのも楽しみです。出演者全員がうまく役にはまっていて、セリフや演技にも違和感がなく、すんなりドラマの世界に入っていけます。次回が待ち遠しい!

1分1秒も無駄に出来ない展開がとても面白かった

久々にドラマを観てドキドキハラハラしました。犯人に行き着くまでが偶然にしてはスムーズすぎましたが、その後の閉じ込められたシーンからトラックがダムに落とされるまでのシーンがスピーディーで、助かるとわかっていてもドキドキハラハラしました。

そこからの追い込みもとてもリアルで1分1秒も無駄に出来ない展開がとても面白かったです。私が同じ状況なら冷静さを失い、テンパってパニックに陥っていたと思います。主人公の過去がこれから少しずつ明らかになりつつありますが、周りの人間の動きにも今後は注目していこうと思っています。

石原さとみと市川実日子の掛け合いが楽しみ!

1話は主人公のミコトの家族が煉炭で一家心中しているのではないか言う情報を得た所で終わりました。2話は集団煉炭自殺をした中の1人が不自然死の調査対象となっていて、1話の情報が伏線となっていました。今回の事件を調査していく中で、ミコトの過去とリンクさせ、一家心中の状況や心情が明らかになります。

不自然死した人物がどうして亡くなってしまったのか調査していく過程では、その人の内面がよく描かれていて感動しました。ミコトと同僚の東海林さんの何気ない会話の中にに、ちょっとしたトリビアやジョークが盛り込まれています。科捜研は忙しいと言う事を表すのに、「沢口靖子」は忙しいとドラマ「科捜研の女」と引っ掛けている所に上手いなと思いました。今後も2人の会話が見どころになりそうで楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です